シンガポール航空向けA350-900ULR、トゥールーズで初飛行 | FlyTeam ニュース

シンガポール航空向けA350-900ULR、トゥールーズで初飛行

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:初飛行したA350-900ULR

初飛行したA350-900ULR

エアバスは2018年4月23日(月)、超長距離を航行するA350-900ULRの初飛行を実施しました。製造番号(msn)「216」の機体はテスト用の機体記号(レジ)「F-WZNY」でトゥールーズを離陸し、フランス南部や地中海上空を約4時間45分にわたり、飛行しました。

A350ULRは、シンガポール航空に2018年後半に納入される予定で、同社が再開する予定のシンガポール/ニューヨーク・JFK線の世界最長路線に投入される計画です。この機体には、ロールスロイスのトレントXWBエンジンを搭載し、エアバスはA350-900の追加型式証明(STC)を取得する飛行試験プログラムを経て、航続距離を9,700海里、およそ1万7,900キロメートルに延長する予定です。

航続距離の延長には、追加燃料タンクの増設は必要なく、搭載燃料を24,000リットル増加させる改造が加えられています。最大離陸重量(MTOW)は280トンで、長距離を直行で飛行することにより、快適さと同時に経済性に優れた機種となります。試験飛行では、こうした燃料部分に加え、ウィングレットを含む空力改善の性能向上についても確認が行われます。

シンガポール航空はA350ULRの7機を含め、A350-900を計67機発注しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加