JAXA、研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ」を開始

JAXA、研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ」を開始

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年5月11日(金)、第4期中長期計画の新しい施策として、民間事業者などとのパートナーシップ型の新しい研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」を開始しました。

「J-SPARC」はベンチャーや大企業、研究機関など、宇宙ビジネスを目指す民間事業者などとJAXAがパートナーシップを結び、共同で新たな発想の宇宙関連事業の創出を目指します。

この中でJAXAは、宇宙環境や持ちうる宇宙機、設備、データに加え、これまで培ってきた技術力、経験、多様な国内外ネットワークなどを総動員し、事業化に向けた技術開発・実証を先導し取り組みます。

取り組む主な事業テーマは、「人類の活動領域を拡げるテーマ」や「地上の社会課題を解決するテーマ」、「宇宙を楽しむテーマ」といった個人向けサービスなど、対話を通じて事業テーマを決めていきます。

このプログラムへは、ワークショップやビジネス関連イベント、個別事業テーマごとの「事業共創機会」で参加できます。詳しくは、JAXAのウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/05/11から
メニューを開く