エア・リース・コーポ、SASとA320neoを2機契約 | FlyTeam ニュース

エア・リース・コーポ、SASとA320neoを2機契約

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:SAS A320neoのエンジン

SAS A320neoのエンジン

航空機リース会社のエア・リース・コーポレーション(ALC)は2018年6月20日(水)、スカンジナビア航空とA320neoの2機で長期リース契約を締結したと発表しました。契約により、2019年11月と2020年4月にそれぞれ納入されます。エンジンはCFMのLEAP-1A26エンジンを搭載します。

ALCは、SASとの契約締結を歓迎しており、同社の機材更新とネットワークの拡張に貢献するとコメントしています。SASも旅客に快適な機材の提供に向けて、引き続き取り組みを進める方針です。

SASはすでにA320neoを18機導入済みで、SMBCやCDBなどとリース契約を締結しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加