成田空港、初となるAIを活用した搭乗橋を試験導入 2018年度末に

成田空港、初となるAIを活用した搭乗橋を試験導入 2018年度末に

ニュース画像 1枚目:搭乗橋とカメラ位置
搭乗橋とカメラ位置

成田国際空港(NAA)は2018年7月5日(木)、2018年度末に初となるAIを活用した、搭乗橋を試験導入すると発表しました。

これは成田空港が取り組む、スマート・エアポート、ファストトラベルなどのサービスレベル向上の一環として実施されるもので、第2ターミナルの64番スポットに航空機のドアへの自動装着機能付きの搭乗橋が試験導入されます。

この搭乗橋は、AIと画像認識技術で航空機のドアを認識することで、正確な接続を可能とし、装着のやり直しなどがなくなることで、乗客のスムーズな降機が可能となります。

導入スケジュールは、2018年7月より既存の搭乗橋で、AIの学習に使用する画像データを取得、2019年3月に64番スポットの搭乗橋に実装、2019年3月から9月にかけ、運用試験を実施する予定となっています。

詳しくは成田空港のウェブサイトを参照ください。

メニューを開く