三沢航空科学館、8月15日までF-1戦闘機コクピット開放 | FlyTeam ニュース

三沢航空科学館、8月15日までF-1戦闘機コクピット開放

ニュース画像 1枚目:コックピット開放
コックピット開放

青森県の三沢空港に隣接する三沢航空科学館は、2018年8月13日(月)から8月15日(水)までの期間、「F-1戦闘機コックピット開放!」を開催しています。

このイベントでは、大空ひろばに展示されている、F-1戦闘機のコクピットを見学することができます。なお、搭乗はできません。

F-1戦闘機は三菱重工業が製造した超音速飛行ができる、第2次世界大戦後に日本が初めて独自開発した飛行機です。航空自衛隊三沢基地にも配備されていましたが、2006年に全機が退役しています。

詳しくは、三沢航空科学館のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/08/13 〜 2018/08/15
メニューを開く