オートパンサー、日本初のH130「JA130H」を受領 | FlyTeam ニュース

オートパンサー、日本初のH130「JA130H」を受領

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

日本国内で複数の航空機を所有する鹿児島県の企業「オートパンサー」は2018年7月、日本初のH130ヘリコプターとなる、機体番号(レジ)「JA130H」を受領しました。国土交通省航空局への届出では、7月19日(木)から所有を開始し、7月23日(月)付で機体番号が登録されています。

オートパンサーは、2018年2月にアメリカ・ラスベガスで開催された「ヘリ・エクスポ」において、1機のH130を購入する契約をエアバス・ヘリコプターズと交わしていました。EC130B4の更新機として導入されるもので、エアバス・ヘリコプターズの創立、機種名の「HXXX」への統一以降、日本初のH130となります。

なお、H130の系列機種となる、ユーロコプターEC130B4は、これまで日本における「JAレジ」で7機の登録があります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加