ボーイング 737-500 航空機 徹底ガイド

ボーイング 737-500

ボーイング 737-500(Boeing 737-500)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: 737

ボーイング 737-500 航空機ガイド

ボーイングが製造した737-500に関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になる737-500に関する製造航空機(334機)、ニュース記事(72本)、飛行機写真(航空フォト:35,796枚)、搭乗記・口コミ(388件)、航空イベント(1件)、就航路線(213路線)を提供しています。

ボーイング 737-500について

ボーイング737-500は、737シリーズの第2世代「737クラシック」の1つで、この世代でもっとも胴体の短い派生型です。全長は737-400の36.40メートルに対し、31.01メートルとなっています。

737-500は、第1世代型の737シリーズとの共通性を保ち、アップグレードされた機体です。地上高が低い機体に大直径エンジンを装備するため、パイロンが主翼前方に突き出し、おむすび型のエンジンカウルが採用されています。

これまでに389機が製造されており、日本では、エアーニッポン(ANK)とAIRDOが導入し、ANKでは「スーパードルフィン」の愛称で親しまれました。

ローンチカスタマーは、アメリカの格安航空会社(LCC)、サウスウエスト航空で、1990年に機体番号(N503SW)を導入しています。このほか、ルフトハンザドイツ航空やエールフランス、オーロラ航空などが導入してきたほか、ロシアのUTエア・アビエーションでは、ウイングレットを装着した737-500が導入されています。

初飛行日 1989年6月30日
最大座席数 145席
航続距離 4,500km
製造機数 389機
製造終了年 1999年
ローンチカスタマー サウスウエスト航空
日本で使用する航空会社 エアーニッポン(ANK)、AIRDO

ボーイング 737-500 投稿・登録状況

登録機体数
334機
ニュース記事
72本
イベント
1件
航空フォト
35,796枚
搭乗レビュー
388件
運航路線数
213路線
派生型
737 737-100 | 737-200 | 737-300 | 737-400 | 737-500
ICAO機種コード
B735
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイング 737-500」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイング 737-500 記事

ボーイング 737-500の航空・飛行機に関するニュース記事 72件が配信されています。

ボーイング 737-500 航空フォト(飛行機 写真・画像)

現在、ボーイング 737-500の航空フォト(飛行機 写真・画像)は、35,796投稿されています。

ボーイング 737-500 搭乗レビュー

ボーイング 737-500の搭乗レビュー 388件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。

ボーイング 737-500 過去のイベント情報

ボーイング 737-500のイベント情報(過去) 1件が登録されています。

航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く