チベット航空、4月に済南/ヘルシンキ線を開設 A330で週2便 | FlyTeam ニュース

チベット航空、4月に済南/ヘルシンキ線を開設 A330で週2便

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

中国のチベット航空は2019年夏スケジュールで、済南/ヘルシンキ線に就航します。運航は4月8日(月)から、月、木の週2便が予定されていますが、詳細なスケジュールはまだ発表されていません。機材はA330ワイドボディ機を使用します。

ヘルシンキ空港などフィンランドの空港運営を行うFinaviaは、2018年のフィンランド/中国間の搭乗者数は835,000人であることから、両国間における新規路線の開設は、フィンランドやFinaviaにとって非常に重要であるとコメントしています。

なお、新路線を含めると、2019年夏スケジュールではヘルシンキ/中国間の運航便は週44便が予定されており、アジアへの旅行のハブ空港としての立場が強化されるとして、ヘルシンキ空港はチベット航空の就航を歓迎しています。

期日: 2019/04/08から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加