航空局、2月19日に鳥衝突防止対策検討会 取り組み状況など報告 | FlyTeam ニュース

航空局、2月19日に鳥衝突防止対策検討会 取り組み状況など報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

国土交通省航空局は2019年2月19日(火)、「第17回 鳥衝突防止対策検討会」を開催します。この検討会は、鳥衝突発生状況の調査と分析、各空港での鳥衝突防止対策について取り組み状況とその分析、鳥衝突防止対策の強化にかかる現地対策研究会の実施状況、鳥種特定調査結果の分析などを共有し、今後の鳥衝突防止に向けた方策を検討します。

鳥衝突防止対策検討会は、鳥類の専門家と航空会社の関係者から構成されています。このうち、航空会社は日本航空(JAL)、全日空(ANA)をはじめ、ANAウイングス、日本トランスオーシャン(JTA)、AIRDO、スカイマーク、ソラシドエア、スターフライヤー、日本貨物航空、ピーチ、ジェットスター・ジャパン、バニラエア、春秋航空日本、エアアジア・ジャパンの14社、空港運営会社では成田国際空港、新関西国際空港、中部国際空港、航空保安協会、全日本航空事業連合会が参加します。

期日: 2019/02/19
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加