エアセイシェル、リージョナル路線を調整 アブダビ線は5月から運休 | FlyTeam ニュース

エアセイシェル、リージョナル路線を調整 アブダビ線は5月から運休

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:発表するエアセイシェル

発表するエアセイシェル

エアセイシェルは2019年3月1日(金)、リージョナル路線ネットワークの調整などを含む事業再編計画を発表しました。資産の活用を最大限に効率化することをめざし、変革により、同社の持続可能性を強化します。

この一環として、5月11日(土)から、ヴィクトリア/アブダビ線の運航を停止し、リージョナル路線を統合します。アブダビ路線は、2018年の乗客数が減少し、アラブ首長国連邦、ヨーロッパ、アジアからの乗継客の需要が減っていることから、運航継続が困難となっていました。

一方、5月12日(日)から、ムンバイ線に日曜の週1便を追加し、週6便に増便するほか、6月3日(月)からヨハネスブルグ線に月曜の週1便を追加し、デイリー運航とします。

このほか、季節需要に応え、7月3日(水)から10月26日(土)まで、アンタナナリボ(マダガスカル)線の季節便を運航します。

また、機材更新とリージョナル路線の効率化計画の一環として、エアセイシェルは2019年中ごろに、同社初となるA320neoの受領を予定しています。最新型のA320neoを導入する西インド洋地域の航空会社は、エアセイシェルが初めてとなります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加