海自、中国海軍70周年にあわせ青島での国際観艦式に護衛艦1隻を派遣 | FlyTeam ニュース

海自、中国海軍70周年にあわせ青島での国際観艦式に護衛艦1隻を派遣

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント

中国国防部は、2019年4月23日(火)に70周年を迎える中国人民解放軍海軍の記念式典として、「中国人民解放軍海軍成立70周年多国間海軍活動」の実施を公表しています。山東省の青島を中心に各国海軍を招聘し、記念式典が催されます。

これにあわせ、海上自衛隊は護衛艦1隻を国際観艦式に参加させます。派遣護衛艦は、4月21日(日)から4月26日(金)まで国際観艦式に参加します。防衛省は、日中防衛当局間のチャネルを通じ、多層的な対話や交流を促進し、相互理解と信頼醸成を進めたいと派遣の意義を説明しています。

海自艦艇の訪中は、2011年12月に護衛艦「きりさめ(DD-104)」が青島に寄港して以来、約7年半ぶりです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加