JAL、AI活用した旅客サービスシステムを成田と羽田に試験導入 | FlyTeam ニュース

JAL、AI活用した旅客サービスシステムを成田と羽田に試験導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:カウンターでの対応イメージ

カウンターでの対応イメージ

日本航空(JAL)は2019年3月12日(火)、総合コンサルティング企業のアクセンチュアと協力し、人工知能(AI)を活用した空港旅客サービスシステムの試験導入を開始しました。試験は成田空港と羽田空港の国際線チェックインカウンターで実施されます。

このサービスシステムは、空港スタッフの発言した内容をAIが解釈し、必要な情報を自動でスタッフが持つタブレット端末に表示します。これまで経由地での手荷物の問い合わせや座席のアップグレードなどの問い合わせは、チェックイン用とは異なるパソコン端末や紙の資料を確認、回答する必要がありましたが、このシステムはAIがスタッフの音声から判断した答えを瞬時にタブレット端末に表示し、業務を支援します。

JALとアクセンチュアは、2018年10月に成田空港と羽田空港のチェックインカウンターで、一部スタッフを対象に検証を実施しており、その検証結果を踏まえ、試験導入を開始しています。

今後は、2019年3月末まで試験導入を継続し、評価を経て、成田空港、羽田空港で本格導入を検討していく方針です。

期日: 2019/03/12から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加