第24航空隊、訓練用魚雷の投下訓練を実施 | FlyTeam ニュース

第24航空隊、訓練用魚雷の投下訓練を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:訓練の様子

訓練の様子

海上自衛隊第24航空隊は2019年3月4日(月)、訓練用魚雷の投下訓練を実施しました。海上自衛隊のウェブサイトで、画像とともに訓練の様子が公開されています。

画像は、SH-60J「8296」に訓練用魚雷を搭載前の確認から搭載の途中、搭載後の点検を行う整備員や、ブリーフィング中の様子などが含まれています。徳島県の小松島航空基地に所在する第24航空隊はSH-60Jを保有・運用し、周辺海域の防衛や警戒監視などの任務にあたり、災害が発生時には救援活動や物資輸送などを担っているほか、護衛艦にヘリコプターを搭載し、護衛艦と活動しています。

期日: 2019/03/04
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加