ANA、A380「FLYING HONU」機内にヒアラブル端末導入 | FlyTeam ニュース

ANA、A380「FLYING HONU」機内にヒアラブル端末導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:A380機内でのヒアラブル端末「BONX Grip」使用イメージ

A380機内でのヒアラブル端末「BONX Grip」使用イメージ

  • ニュース画像 2枚目:ヒアラブル端末「BONX Grip」着用イメージ
  • ニュース画像 3枚目:BONX Grip

全日空(ANA)は2019年5月24日(金)から、成田/ホノルル線に就航するA380「FLYING HONU」の機内で、客室乗務員向けのヒアラブル端末「BONX Grip」を導入します。「BONX Grip」は独自のイヤフォンとアプリを組み合わせ、複数人が同時に話すことができるコミュニケーションツールとしてBONXが開発しました。

このヒアラブル端末をリコーから導入、機内で使用するためのWi-Fi環境を富士通が構築しました。「FLYING HONU」は2階建ての世界最大の旅客機のため、1便にこれまでより多くの客室乗務員が乗務し、そのスタッフ同士の密なコミュニケーションはサービス品質の向上に欠かせないことから、機内のどこにいても場所を限定せず、複数の客室乗務員がコミュニケーションできる端末とシステム構築が進められました。

この製品導入により、サービス品質の向上と働きやすい環境を整え、快適なフライト体験を提供します。ANAは今後、A380だけでなく他の機材への導入、客室乗務員に止まらず地上で旅客を支援する空港係員への導入も検討します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加