ユナイテッド航空、歴史に残る最もエコフレンドリーなフライトを運航

ユナイテッド航空、歴史に残る最もエコフレンドリーなフライトを運航

ニュース画像 1枚目:エコフレンドリー運航 イメージ
エコフレンドリー運航 イメージ

ユナイテッド航空は「環境の日」である2019年6月5日(水)、同社のハブであるシカゴ・オヘアから、全ての出発便でバイオ燃料を使用している「エコ・ハブ」のロサンゼルスへ向かうフライトで、民間定期便で最もエコフレンドリーなフライト「Flight for the Planet」を運航しました。

ユナイテッド航空は、持続可能な航空バイオ燃料の利用、リサイクル可能製品などを活用した客室ごみゼロへの努力、カーボン・オフセット、燃料効率の良い機材や電動設備の導入などによる運用効率化と、これらの全てをまとめて1便に実施した初めての航空会社となりました。

この歴史的フライトは、持続可能な未来へと向かうために、新たに革新的な方法を見つけようと一丸となって取り組むユナイテッド航空の精神を表しています。また、2050年までに二酸化炭素排出量を50%削減するという大胆な誓いに対するコミットメントの表れでもあります。

期日: 2019/06/05
この記事に関連するニュース
メニューを開く