日本エアコミューター、ATR-72-600「JA08JC」を新規登録

日本エアコミューター、ATR-72-600「JA08JC」を新規登録

ニュース画像 1枚目:日本エアコミューター ATR-72-600
日本エアコミューター ATR-72-600

日本エアコミューター(JAC)は2019年5月、国土交通省航空局に対し、ATR-72-600、機体番号(レジ)「JA08JC」の機体登録を申請、同機は5月29日(水)付けで登録されました。

日本エアコミューターとATRは、2018年6月、発注済みのATR-42-600をATR-72-600に変更する契約を締結し、2018年12月に「JA06JC」が納入されています。今回登録された「JA08JC」は、「JA06JC」に続き2機目のATR72となります。

「JA08JC」は、日本へのデリバリーフライトの途中に航空交通管制機関(ATC)との無線連絡を失う状態が発生し、イタリア空軍のタイフーン戦闘機にインターセプトされる事案が発生しています。その後同機はベトナム・ダナンまで飛行していますが、6月15日(土)現在、日本へ到達していません。

この記事に関連するニュース
メニューを開く