カンタス、ブリスベン発着のシカゴ、サンフランシスコ線に就航へ | FlyTeam ニュース

カンタス、ブリスベン発着のシカゴ、サンフランシスコ線に就航へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:カンタス航空 ロゴ

カンタス航空 ロゴ

カンタス航空はアメリカン航空との共同事業がアメリカ運輸省(DOT)から暫定承認を受けたことから、2019年6月17日(月)、アメリカへの路線ネットワーク拡大でブリスベン発着のシカゴ、サンフランシスコ線への就航を発表しました。

これらの路線は2020年4月末までに開設予定で、カンタス航空の787-9で運航されます。これにより、太平洋を横断路線に年間17万席を追加で提供します。最終承認を経て、今後数週間には航空券の販売も開始される予定です。

アメリカで3番目に大きな都市であるシカゴへは、ブリスベンから週4便が予定されており、アメリカン航空の主要ハブであるシカゴを経由して、オーストラリアからさらに30都市へのアクセスが可能となります。

ブリスベン/サンフランシスコ線は週3便の予定で、既存のシドニー、メルボルン発着のサンフランシスコ線を補完します。これにより、オーストラリア東海岸とサンフランシスコ間の移動は1日2往復便の中から選択することができるようになります。

カンタス航空はこのほか、ブリスベン発着でロサンゼルス線、またロサンゼルス経由のニューヨーク線を運航しており、新路線を含めるとブリスベン/アメリカ間で週14便を運航することになります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加