JAL、10月27日から787-8を羽田/伊丹線に投入 機内は新仕様 | FlyTeam ニュース

JAL、10月27日から787-8を羽田/伊丹線に投入 機内は新仕様

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:JALの787-8国内線仕様

JALの787-8国内線仕様

  • ニュース画像 2枚目:JALの787-8国内線仕様 クラスJ
  • ニュース画像 3枚目:JALの787-8国内線仕様 ファーストクラス
  • ニュース画像 4枚目:JALの787-8国内線仕様 普通席

日本航空(JAL)は2019年10月27日(日)から、787-8の4機を羽田/伊丹線を中心に国内線へ導入します。これにより、JALは国内線に787とA350のボーイング、エアバスの両社が開発した最新鋭機を投入します。さらに12月20日(金)から、羽田/福岡線にも拡大します。

787-8の国内線仕様は、ファーストクラス6席、クラスJが58席、普通席227席、計291席の3クラスで構成し、全ての座席と機内デザインを一新し、全座席に個人用画面と電源を装備します。各シートの個人用画面で、ハリウッド映画をはじめとする多様なコンテンツを視聴できます。

客室インテリアは、A350と同じく日本の美意識とJALブランドを表現し、機体前方2番ドア入口部にJALの鶴丸ロゴをあしらいました。ファーストは黒を基調とした配色と前方にしつらえた壁面の造形により、6席だけの特別な空間が演出されます。クラスJと普通席は、JALのコーポレートカラー「赤」を大胆に使用しながら、着席時は落ち着きとフレッシュさを感じられインテリアを採用しています。

なお、初便は10月27日(日)の羽田発8時30分のJAL107便、伊丹発は折り返しの10時30分のJAL112便を予定しています。

■羽田/伊丹線で使用する787スケジュール
JAL107便 羽田 8:30 / 伊丹 9:35
JAL117便 羽田 12:30 / 伊丹 13:40
JAL127便 羽田 16:30 / 伊丹 17:35
JAL112便 伊丹 10:30 / 羽田 11:35
JAL120便 伊丹 14:30 / 羽田 15:30
JAL130便 伊丹 18:30 / 羽田 19:40
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加