AIRDO、2019/20冬スケジュールの基準系運賃を設定 | FlyTeam ニュース

AIRDO、2019/20冬スケジュールの基準系運賃を設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃
ニュース画像 1枚目:AIRDO 767-300

AIRDO 767-300

AIRDOは、2019年10月27日(日)から2020年3月28日(土)搭乗分の基準系運賃を設定しました。設定されたのは、片道運賃や小児運賃、往復運賃、道民割引、北海道発往復、障がい者割引、Doビジネス、MICE割引運賃、Welcome to HOKKAIDO Fare、DOシニア60、当日シニア65、AIRDOスカイメイトです。

運賃は、羽田/新千歳線の片道運賃が29,000円から、往復運賃の片道分が24,900円から、羽田/旭川線の片道運賃が34,900円から、往復運賃の片道分が29,300円から、羽田/女満別線の片道運賃が36,700円から、往復運賃の片道分が33,900円からなど設定されています。

なお、新千歳、仙台、成田、中部(セントレア)発着路線は、航空券購入の際、運賃額に加え、「旅客施設使用料」が徴収されます。

期日: 2019/10/27 〜 2020/03/28
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加