日本の航空機登録、2019年8月の抹消は8件 | FlyTeam ニュース

日本の航空機登録、2019年8月の抹消は8件

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ピーチ A320

ピーチ A320

国土交通省航空局は、2019年8月に抹消登録された航空機について公表しました。8月は8機が抹消登録されました。

全日空(ANA)が767-300、機体記号(レジ)「JA8356」、737-500「JA300K」を抹消したほか、バニラエアが機体の改修を目的にA320-214「JA10VA」を抹消しました。

このほか、日本トランスオーシャン航空(JTA)が最後の737-400「JA8995」を、日本エアコミューター(JAC)がSAAB340B「JA8900」を、ピーチがA320-200「JA802P」を抹消しています。

8月の抹消登録機は下記の通りです。

■2019年8月の抹消登録機
抹消日レジ番号航空会社機種抹消理由
8/2JA10VA吉野石膏A320-214フランスで改修
8/9JA3579大安建設PA-28-140航空の用に供しない
8/9JA4182朝日航空Cessna 172P航空の用に供さない
8/13JA8900日本エアコミューターSAAB340B航空の用に供しない
8/9JA8995日本トランスオーシャン航空737-400アメリカへ売却
8/15JA8356ANAホールディングス767-300航空の用に供さない
8/20JA300KANAホールディングス737-500航空の用に供さない
8/23JA802P全日空商事アドリアリーシングA320-214航空の用に供さない
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加