中国東方航空、10月以降の燃油サーチャージ値下げで日中間2,500円 | FlyTeam ニュース

中国東方航空、10月以降の燃油サーチャージ値下げで日中間2,500円

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃
ニュース画像 1枚目:中国東方航空 イメージ

中国東方航空 イメージ

中国東方航空は、2019年10月1日(火)から11月30日(土)発券分の日本発中国行き航空券で、燃油サーチャージを値下げします。

同社の日本/中国間の燃油サーチャージ額は、9月末までは3,500円ですが、10月以降は2,500円となります。なお、中国発日本着の旅程では、285人民元で変更はありません。また、航空保険特別料金についても、日本発着国際線1区間あたり4米ドルを継続します。

中国東方航空は、シンガポールケロシンの2カ月平均によって燃油サーチャージ適用額を確定し、2カ月間の徴収額を固定しています。2019年10月から11月発券分は、2019年6月から7月の平均値をもとに決定しています。次回の12月から2020年1月の発券分に関しては、10月に決定されます。

期日: 2019/10/01 〜 2019/11/30
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加