アメリカ海軍、岩国飛行場で空母着艦訓練取得訓練 9月15日から | FlyTeam ニュース

アメリカ海軍、岩国飛行場で空母着艦訓練取得訓練 9月15日から

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:レーガン艦上のVFA-102

レーガン艦上のVFA-102

アメリカ海軍は9月15日(日)から4日間程度、岩国飛行場で空母艦載機の空母着艦資格取得訓練(CQ)を実施しています。岩国市が9月13日(金)、中国四国防衛局から説明を受け、その内容を公表しています。

今回のCQは、前回の空母発着艦から所要の日数である30日を経過していないため、空母艦載機着陸訓練(FCLP)は実施されません。CQは、最後のFCLPを実施した後、10日以内にCQを開始しなければならないことがアメリカ軍から防衛省に説明があったとしています。

CQの実施基準は、アメリカ軍の運用に関することのため詳細は明らかにされていませんが、アメリ海軍の安全上の規則に従い、実施されます。防衛省は引き続き、CQに関する情報が入り次第、情報を通知します。

■第5空母航空団
第102戦闘攻撃飛行隊 (VFA-102) 
  ダイアモンドバックス F/A-18F Block2
第27戦闘攻撃飛行隊 (VFA-27) 
  ロイヤル・メイセス F/A-18E Block2
第115戦闘攻撃飛行隊 (VFA-115) 
  イーグルス F/A-18E Block2
第195戦闘攻撃飛行隊 (VFA-195) 
  ダムバスターズ F/A-18E Block2
第141電子攻撃飛行隊 (VAQ-141) 
  シャドーホークス EA-18G
第125早期警戒飛行隊 (VAW-125) 
  タイガーテイルズ E-2D
第12ヘリコプター海上作戦飛行隊 (HSC-12) 
  ゴールデン・ファルコンズ MH-60S
第77ヘリコプター海洋攻撃飛行隊 (HSM-77)	
  セイバー・ホークス MH-60R
第30艦隊後方支援飛行隊・第5分遣隊 (VRC-30・Det5) 
  プロバイダーズ C-2A
期日: 2019/09/15から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加