空自U-4、ミクロネシアに国外運航訓練 慰霊や車いすを支援輸送

空自U-4、ミクロネシアに国外運航訓練 慰霊や車いすを支援輸送

ニュース画像 1枚目:U-4多用途支援機
U-4多用途支援機

航空自衛隊は2019年10月9日(水)から10月13日(日)まで、U-4多用途支援機による国外運航訓練を実施しました。この訓練は、ミクロネシア方面における航空路と地域特性の把握に努め、部隊の国外任務遂行能力の向上を目的としています。

この運航訓練では、パラオのロマン・トメトゥチェル国際空港、ミクロネシアのポンペイ国際空港を訪問しました。参加部隊は入間基地に所在する第2輸送航空隊で、参加人員は航空支援集団の約10名でした。

U-4によるパラオとミクロネシアへの寄航は、今回が初めてでした。パラオでは「日パラオ外交関係樹立25周年記念式典」に参加、パラオ副大統領を表敬訪問し、ペリリュー島で慰霊を行いました。また、外務省からの依頼に基づき、ミクロネシアへ車いすを寄付物資として輸送を支援しています。

期日: 2019/10/09 〜 2019/10/13
この記事に関連するニュース
メニューを開く