スターフライヤー、2021年度の新卒を決定 総合職など5職種で採用 | FlyTeam ニュース

スターフライヤー、2021年度の新卒を決定 総合職など5職種で採用

ニュース画像 1枚目:遠森一郎さんの航空フォト
遠森一郎さんの航空フォト

スターフライヤーは、2021年度の新卒採用を決定しました。総合職の事務・技術系は15名程度、空港グランドスタッフは10名程度、整備技術職は若干名、客室乗務員20名程度、事業用操縦士などライセンス保有者対象の副操縦士候補者は8名程度、それぞれ採用する計画です。

このうち総合職、客室乗務員の応募資格は、2019年4月から2021年3月までに専門学校、高専、短大、4年制大学、または大学院を卒業または修了、あるいは見込みの方です。TOEIC600点以上の英語力が望ましく、中国語、韓国語の語学能力がある方を歓迎しています。雇用形態は長期雇用社員で、勤務地は北九州空港ですが、異動や転勤があります。

入社時期は、総合職と航空整備士は2021年4月1日(木)、客室乗務員と運航乗務員候補者は2021年4月以降の会社が指定する時期です。応募は、「マイナビ2021」、もしくはスターフライヤーのウェブサイトからエントリーを受け付けています。

メニューを開く