デルタ航空、アメリカ国内で同一都市エリアの一部空港の運航を統合

デルタ航空、アメリカ国内で同一都市エリアの一部空港の運航を統合

ニュース画像 1枚目:デルタ航空
デルタ航空

デルタ航空は2020年5月13日(水)から、従業員の新型コロナウイルス(COVID-19)への感染リスクを低減するため、空港が複数あるエリアの業務を一時統合し、一部空港への運航を停止します。

搭乗者が少ない期間であることを前提とした措置で、対象は、シカゴ・ミッドウェー国際空港、オークランド国際空港、バーバンクのボブ・ホープ空港、ロングビーチ空港、プロビデンスのT・F・グリーン空港、ウェストチェスター・カウンティ空港、ニューヨーク・スチュワート国際空港、アクロン=カントンリージョナル空港、マンチェスター=ボストン・リージョナル空港、ニューポートニューズ/ウィリアムズバーグ国際空港です。サービス提供を中止する空港の利用者は、シカゴ・オヘア国際空港、サンフランシスコ国際空港など、近隣の空港からデルタ便を利用できます。

なお、同日からサスカトゥーン国際空港への運航も一時停止します。空港機能の統合はネットワーク全体の評価を継続するため、少なくとも9月までは継続される見通しです。デルタ航空は第2四半期の輸送量力を国内線で80%、国際線で90%削減すると発表しています。

期日: 2020/05/13から
メニューを開く