アメリカン航空、すべての路線で搭乗者のマスク着用を義務化 | FlyTeam ニュース

アメリカン航空、すべての路線で搭乗者のマスク着用を義務化

ニュース画像 1枚目:アメリカン航空
アメリカン航空

アメリカン航空は2020年5月11日(月)から、搭乗者にマスクの着用を義務化しています。新型コロナウイルス(COVID-19)におけるアメリカ疾病予防管理センター(CDC)の勧告に準拠した対応です。

これにより、幼児や健康上の理由からマスクを着用できない方を除き、アメリカン航空に搭乗する場合は、常時マスクの着用が求められます。

なお、機内では、高性能微粒子フィルターを使って機内換気を実施しているため、客室内は2分から4分おきに換気されるようになっています。また、成田空港では、ゲートエリア、チケットカウンター、サービスカウンター、遺失物取扱所、乗務員室など、アメリカン航空の管理下にある全てのエリアで清掃回数を増やす対応を行っています。さらには、搭乗ゲートとチケットカウンターではパーティションポールを使用し、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保をすすめています。

アメリカン航空による日本路線は、現在成田/ダラス・フォートワース線を週3便運航しています。

期日: 2020/05/11から
関連記事
メニューを開く