タイ国際航空、国際線の運休期間を6月30日まで延長

タイ国際航空、国際線の運休期間を6月30日まで延長

ニュース画像 1枚目:タイ国際航空
© AIRBUS
タイ国際航空

タイ国際航空は2020年5月18日(月)、タイへの国際線の運航を禁止する民間航空局(CAAT)の発表を受け、国際線の運休期間を6月30日(火)まで延長すると発表しました。なお、7月からの運航再開は未定で、各国の状況や旅行需要などを踏まえて判断します。

運休期間が延長となったことで、対象の航空券に対し、特別対応を行っています。航空券の有効期間を2021年12月31日(金)まで延長、未使用に限り1年間有効な航空券に変更、航空券の全額払い戻しのいずれかが選択できます。

なお、タイ国際航空では現在、海外にいるタイ人の帰国や農作物の輸送サポートを行うため、チャーター便を運航しています。

期日: 2020/06/30まで
メニューを開く