ブルーインパルスが都心に 医療関係者に感謝と多くの人に楽しみ届ける | FlyTeam ニュース

ブルーインパルスが都心に 医療関係者に感謝と多くの人に楽しみ届ける

ニュース画像 1枚目:ブルーインパルス
ブルーインパルス

ブルーインパルスが2020年5月29日(金)、12時40分すぎから東京都心の上空を飛行しました。都内各所で空を見上げる様子が確認され、空自のYouTubeでもその様子を多くの人が見守りました。

今回の展示飛行は3密を回避するため、飛行時間や航路は当日まで発表されませんでしたが、都心を2回に渡って飛行し、約1,000万人の都民に直接、励ましを届けました。多くの病院関係者に対して敬意を表すフライトでしたが、自粛生活で家に止まる人たち、活動を抑えた人たちが空を見上げる機会となり、YouTubeでも感謝の声が多く寄せられたフライトでした。

ブルーインパルスは2020年に東京五輪の開幕式に合わせた展示飛行が期待されていましたが、五輪延期でこの実現は無いものの、6年ぶりのフライトは多くの人を魅了したようです。

メニューを開く