小型無人機等飛行禁止法、新千歳や成田など主要8空港が対象に | FlyTeam ニュース

小型無人機等飛行禁止法、新千歳や成田など主要8空港が対象に

ニュース画像 1枚目:ドローン イメージ
ドローン イメージ

国土交通省は2020年7月15日(水)、改正された小型無人機等飛行禁止法に基づき、飛行を禁止する空港として、新千歳空港、成田空港、羽田空港、中部国際空港(セントレア)、関西国際空港、伊丹空港、福岡空港、那覇空港の8空港を指定しました。

2019年に関西国際空港周辺で、小型無人機らしき物体の目撃情報があり、滑走路が利用できなくなる事案が連続で3回発生したことから、2020年6月に「重要施設の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律」が改正され、対策を強化しています。

今回の対象空港の指定を受け、該当空港周辺では、重さや大きさにかかわらず、全ての小型無人機の飛行が原則禁止されます。施行日は7月22日(水)です。

改正された小型無人機等飛行禁止法とは別に、航空法で、空港等の周辺や人口集中地区の上空などの空域では、重量が200グラム以上の無人航空機の飛行は原則禁止されています。

期日: 2020/07/22から
メニューを開く