防衛省、8月3日から「市ヶ谷台ツアー」再開 | FlyTeam ニュース

防衛省、8月3日から「市ヶ谷台ツアー」再開

ニュース画像 1枚目:市ヶ谷台ツアーで訪問する市ヶ谷記念館
市ヶ谷台ツアーで訪問する市ヶ谷記念館

防衛省は2020年8月3日(月)から、市ヶ谷地区見学「市ヶ谷台ツアー」を再開します。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月からツアーを休止していました。

「市ヶ谷台ツアー」には、一般向けと小中高生向けの見学ツアーが用意されています。このうち一般向け見学ツアーでは、市ヶ谷地区内に所在する庁舎や、極東国際軍事裁判の法廷となった大講堂などを移設・復元した市ヶ谷記念館が見学できます。

一般向け午前中の見学時間は、9時30分から11時10分まで、正門から西側の儀仗広場、市ヶ谷記念館、東側の儀仗広場を通って正門に戻るコースになります。午後は13時30分から15時45分まで、午前中の見学箇所に加え、市ヶ谷地区に残る旧陸軍の地下壕跡「大本営地下壕跡」を見学できます。定員は、午前が20名、午後が10名です。受付は、開始時間の20分前から10分前まで、防衛省正門面会受付所前で行います。

なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当面の間、厚生棟の案内は中止しています。また、「大本営地下壕跡」の見学には、入場料が必要です。入場料は、高校生を除く18歳以上が700円、18歳未満は無料で、高校生は学生証の提示が必要です。

■市ヶ谷台ツアー
<一般向け>
午前 9:30〜11:10
午後 13:30〜15:45
<小中高生向け>
午前 9:30〜11:40
午後 13:30〜15:40
期日: 2020/08/03から
cache=true
メニューを開く