エアバス、中国製造500機目のA320ファミリー納入 中国南方航空へ | FlyTeam ニュース

エアバス、中国製造500機目のA320ファミリー納入 中国南方航空へ

ニュース画像 1枚目:中国で製造された500機目のA320
中国で製造された500機目のA320

エアバスは2020年10月29日(木)、中国の天津工場で製造された500機目のエアバスA320ファミリーを中国南方航空に納入しました。この機体は、機体記号(レジ)「B-30FX」で登録されたA320neoです。エアバスは、中国・天津に2008年、A320最終組立ラインを立ち上げ、製造を開始してから、12年に渡りA320ファミリーの製造を続けています。

天津工場は、ヨーロッパ以外で初のエアバスの製造ラインです。エアバスは天津施設の機能を拡張しており、2017年にはA330の完成・納入センターも整備されました。

中国南方航空のA320は、ビジネス4席、エコノミー162席、計166席です。エンジンはCFMインターナショナルのLEAP-1Aを搭載しています。中国南方航空は、A320を106機、A320neoを34機保有しています。このほか、A319、A321、A321neoを保有しており、A320ファミリーはおよそ280機です。

メニューを開く