JAL、搭乗案内サービスにLINE活用 羽田空港で試験導入 | FlyTeam ニュース

JAL、搭乗案内サービスにLINE活用 羽田空港で試験導入

ニュース画像 1枚目:JAL LINEの搭乗案内サービス「AIRPORT GUIDE」
JAL LINEの搭乗案内サービス「AIRPORT GUIDE」

日本航空(JAL)は2020年11月18日(水)から12月31日(木)まで、SNS・コミュニケーションアプリ「LINE」を活用した搭乗案内サービス「AIRPORT GUIDE」を試験導入しています。対象は、羽田発の国内線です。

JALの国内線として初めて、羽田空港で自動手荷物預け機を導入するなど、デジタル技術の活用によりスムーズで快適な空港「JAL SMART AIRPORT」の実現を目指し、一部サービスをリニューアルしています。これに伴い、変化する搭乗手続きを周知し、スムーズな搭乗を促す取り組みとして、LINEを活用します。

LINEで「Airport Guide Trial」を友だち追加し、会話画面で搭乗日や搭乗便を送信すると、搭乗日当日に搭乗方法を確認できる案内が届きます。簡易的なチャット機能により、予約内容や手荷物状況などを確認でき、搭乗者の目的に合った手続き方法が案内されます。

期日: 2020/11/18 〜 2020/12/31
関連記事
メニューを開く