香港航空、1月2日から関西/香港線の旅客便再開 | FlyTeam ニュース

香港航空、1月2日から関西/香港線の旅客便再開

ニュース画像 1枚目:関西国際空港での香港航空 A320 イメージ (水月さん撮影)
関西国際空港での香港航空 A320 イメージ (水月さん撮影)

香港航空は2021年1月2日(土)から、旅客便での関西/香港線の運航を再開します。香港航空の日本路線は、11月13日(金)から再開した成田/香港線に続く2路線目の運航再開となります。

関西/香港線の関西発HX619便は土曜日のみの週1便、香港発HX618便は木・土の週2便で運航します。使用する機材はA330-300です。

現在、香港航空の香港発着は北京、上海、海口、マニラ、台北線を運航しており、1月からの関西線の再開とあわせ7路線となります。このうち、成田発着では香港経由マニラ行きの乗り継ぎが可能になっているなど、直行便が少ない中で乗り継ぎで最終目的地に向かうことも可能です。

■香港航空 関西発着スケジュール
※2021年1月2日~
HX619便 関西 17:05 / 香港 20:35 (土) 
HX618便 香港 11:30 / 関西 16:05 (木、土)

※配信後、使用機材の変更が決まりました。当初はA320でしたが、新たにA330-300が使用される計画となりました。(2020-12-09)

期日: 2021/01/02から
ニュースURL
メニューを開く