AIRDO、2021年度中に767-300ERを2機退役

AIRDO、2021年度中に767-300ERを2機退役

ニュース画像 1枚目:導入初期のころの塗装「JA98AD」 (kingmengraiさん撮影)
導入初期のころの塗装「JA98AD」 (kingmengraiさん撮影)

AIRDOは2021年3月末までに、保有するボーイング767-300ER型機2機の退役を決定しました。運航開始当初から使用する767-300ERと説明しており、導入された順番から見ると、1998年製の機体記号(レジ)「JA98AD」、2000年製の「JA01HD」の2機が退役すると見られます。

AIRDOは、1998年12月の就航時から「JA98AD」を運航しており、「JA01HD」は2000年4月に受領しています。この2機とも機齢は22年超で、いずれもAWASからリースで導入後、自社保有となっています。機齢のみでは全日空(ANA)で使用されたのち、AIRDOに導入された「JA601A」「JA602A」も22年超となっています。

これまで就航時からボーイング767型機では9機を運航、現在は6機が現役で運航されています。このうち「JA8258」は2009年に退役、「JA8359」は2016年に退役しています。9機のうち、唯一の767-200だった「JA8251」はAIRDO在籍がおよそ2年で、ANAからリースした機材でした。

なお、2019年5月に発表された「2019~2023年度 中期経営戦略」では、機材戦略として最終年度にボーイング767型機の一部退役と、新機材を導入する計画を示していました。この計画を変更し、新型コロナウイルス感染症の影響から、退役を前倒しします。これにより、保有機のスリム化で固定費を削減し、コスト削減と構造改革を進める方針です。

メニューを開く