エアバス・ヘリ、H135シリーズの距離・航続時間延長 | FlyTeam ニュース

エアバス・ヘリ、H135シリーズの距離・航続時間延長

ニュース画像 1枚目:エアバス・ヘリコプターズH135シリーズ
エアバス・ヘリコプターズH135シリーズ

エアバス・ヘリコプターズは2020年12月17日(木)、H135シリーズの性能を向上させた新型機がヨーロッパ航空安全庁から認証を受けたと発表しました。新しい代替重量型(Alternate Gross Weight–AGW)のH135は、離陸重量と有効搭載量が最大120キログラム増加しています。

この性能向上により、標準条件下で最大75海里、およそ138キロメートルまたは航続時間を最大40分間延ばすことが可能になります。新しいAGWは、オプションとしてヘリオニクス装備のH135に採用できます。

また、H135シリーズの新しいシングル・パイロット計器飛行方式(Instrument Flight Rules-IFR)飛行のヘリオニクス・コクピットを認証しました。改良されたコクピットは副操縦士側の計器盤を取り外し、視界を広く確保、または特定のSTC機器を設置することが選択できます。H135のシングル・パイロットIFRコクピットは、高所作業、警察任務など多用途機で様々なミッションでパフォーマンス性能が強化されます。

現在H135ファミリーは世界中で1400機以上納入され、総飛行時間は560万時間以上にのぼります。世界60ヵ国でおよそ300のオペレーターによって運用され、救急医療、警察、ビジネスおよび洋上での人員輸送、そして訓練機および練習機として多種多様なミッションで活躍しています。

メニューを開く