アマゾン・エア、デルタ航空とウェストジェットから767を11機購入

アマゾン・エア、デルタ航空とウェストジェットから767を11機購入

ニュース画像 1枚目:アマゾン・エア 767 イメージ (チョロ太さん撮影)
アマゾン・エア 767 イメージ (チョロ太さん撮影)

ECサイトを運営するアマゾンは2021年1月5日(火)、ボーイング767-300型機11機を購入したと発表しました。アマゾンの航空貨物事業を担うアマゾン・エアは、デルタ航空から7機、ウェストジェットから4機を購入し、2022年までに購入した機材で貨物輸送を開始する予定です。年末にはデルタ航空から機材購入したという情報が流れていましたが、アマゾンも公式に発表しました。

アマゾンは、顧客へ商品を効率よく配送する手段として物流事業を強化しています。航空機の購入は、商品の配送力向上につなげる取り組みで、購入した11機の運航はこれまで通り他社へ委託します。

今回発表された購入機のうち、ウェストジェットから購入した4機はすでに旅客機から貨物機への改修が始まっています。テルアビブとメキシコでそれぞれ2機ずつ、作業が進められています。デルタ航空から購入した7機は、これから改修作業に着手し、2022年にアマゾンの運航ラインに加わる予定です。

アマゾン・エアは現在、アメリカ国内、グローバルでネットワークを強化しています。保有・リース問わず機数を増やし、物流施設を整えた拠点空港を設け、長距離輸送のスピードを高める戦略を展開中です。アメリカ以外では、2020年にドイツのライプツィヒ・ハレ空港に拠点を開設し、アメリカとヨーロッパを結ぶネットワークの強化にも取り組んでいます。

メニューを開く