カンタス航空、2021年版「世界で最も安全な航空会社」に | FlyTeam ニュース

カンタス航空、2021年版「世界で最も安全な航空会社」に

ニュース画像 1枚目:カンタス航空イメージ(mameshibaさん撮影)
カンタス航空イメージ(mameshibaさん撮影)

航空会社の各種サービスをランキングする「AirlineRatings.com」は2021年版の安全な航空会社ランキングを発表しました。フルサービスキャリアで、「世界で最も安全な航空会社(World’s Safest Airlines)」に輝いたのはカンタス航空でした。

このランキングは、事故や重大インシデント、航空業界団体や政府の監査、安全イニシアチブ、機齢など、総合的な要素から評価しています。また、2021年版ランキングは、航空会社の新型コロナウイルス感染拡大対策への評価も含まれています。

2020年11月に設立100周年を迎えたカンタス航空は、将来航空航法システム(FANS)の開発をリードし、長い歴史の中で実績を積み上げてきたことが評価されています。これには、全航空機のエンジンのリアルタイム監視、機材と乗務員のパフォーマンス監視が可能なフライトデーターレコーダー、全球測位衛星システム(GNSS)を使用した自動着陸などが含まれています。

ランキングの上位を見ると、カタール航空が2位、ニュージーランド航空が3位、シンガポール航空が4位、エミレーツ航空が5位に入っています。アジアの航空会社では6位にエバー航空、9位にキャセイパシフィック航空がランクインしています。

■2021年版「世界で最も安全な航空会社」ランキング
1位:カンタス航空
2位:カタール航空
3位:ニュージーランド航空
4位:シンガポール航空
5位:エミレーツ航空
6位:エバー航空
7位:エティハド航空
8位:アラスカ航空
9位:キャセイパシフィック航空
10位:ブリティッシュ・エアウェイズ
11位:ヴァージン・オーストラリア/
   ヴァージン・アトランティック航空
12位:ハワイアン航空
13位:サウスウェスト航空
14位:デルタ航空
15位:アメリカン航空
16位:スカンジナビア航空
17位:フィンエアー
18位:ルフトハンザドイツ航空
19位:KLMオランダ航空
20位:ユナイテッド航空
関連記事
メニューを開く