JAL、夏スケジュールの国内線航空券 新路線など追加設定 | FlyTeam ニュース

JAL、夏スケジュールの国内線航空券 新路線など追加設定

ニュース画像 1枚目:JALイメージ(FT51ANさん撮影)
JALイメージ(FT51ANさん撮影)

日本航空(JAL)は、2021年夏スケジュールの国内線航空券の普通運賃系と特別乗継割引に対象路線を追加しました。1月20日(水)から販売を開始しています。

普通運賃系に追加された路線は、羽田発着の宮古、久米島線、那覇/久米島線、丘珠/奥尻線、名古屋(セントレア)発着の石垣、宮古線、関西/宮古線です。追加された運賃は、大人・小児普通運賃、障がい者割引、往復割引、ビジネスきっぷ、eビジネス、介護帰省割引、スカイメイト、おともdeマイル割引、当日シニア割引です。

また、特別乗継割引に、名古屋/与那国間で、名古屋(セントレア)/石垣線を利用する運賃が追加されています。名古屋/石垣線は、3月28日(日)に日本トランスオーシャン航空(JTA)が新たに開設する路線です。

日本航空(JAL)などJALグループでは2021年夏スケジュールで、日本トランスオーシャン航空(JTA)が関西/宮古線を8年以上ぶりに再開するほか、名古屋発着の宮古・石垣線を開設します。また沖縄路線では、JTAが運航する羽田発着の宮古、石垣、久米島の3路線でJALが共同引受運航を開始し、便名をJAL便名に変更して販売します。また、北海道エアシステム(HAC)が札幌・丘珠/奥尻線を夏ピーク時に季節運航を実施します。

期日: 2021/01/20から
この記事に関連するニュース
メニューを開く