ANA、3月20日のA380遊覧フライト中止 緊急事態宣言延長で

ANA、3月20日のA380遊覧フライト中止 緊急事態宣言延長で

ニュース画像 1枚目:ANA エアバスA380型機「 FLYING HONU」イメージ(23Skylineさん撮影)
ANA エアバスA380型機「 FLYING HONU」イメージ(23Skylineさん撮影)

全日空(ANA)は2021年3月20日(土・祝)に予定していたエアバスA380型機「ANA FLYING HONU(フライングホヌ)」による遊覧フライトの運航を中止しました。新型コロナウイルス緊急事態宣言が1都3県で延長されたことに伴う対応で、3月29日(月)は現在のところ運航を予定しています。

3月に予定していたチャーターフライトは、成田発着で約3時間30分の遊覧飛行を楽しみ、機内ではホノルル線限定のメニューをアレンジした機内食、またアメニティキット、FLYING HONUオリジナルグッズなどのプレゼントが計画されていました。

なお、3月20日(土・祝)の運航中止と同時に、ANAは成田発着で4月11日(日)にA380遊覧フライトの再企画を発表しました。また、関西、中部国際空港(セントレア)発着でも4月にA380「FLYING HONU」遊覧フライトを2回ずつ企画しています。応募は、3月12日(金)10時まで受け付けています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く