JAL、マスク着用でラウンジ入室できる顔認証実験 鹿児島空港 | FlyTeam ニュース

JAL、マスク着用でラウンジ入室できる顔認証実験 鹿児島空港

ニュース画像 1枚目:JAL 鹿児島空港で顔認証によるラウンジ入室 実証実験
JAL 鹿児島空港で顔認証によるラウンジ入室 実証実験

日本航空(JAL)は2021年3月24日(水)から4月21日(水)まで、鹿児島空港で「顔認証を活用したおもてなしサービス実証実験」を実施します。マスク着用のまま顔認証できる技術を採用しており、この技術活用は日本の航空会社ではJALが初めてです。日本電気(NEC)とデジタル技術を活用し新たな旅行体験の提供を目ざした協業の1つで、コロナ禍でもスムーズなラウンジ入室の実現を目指します。

実験対象は、鹿児島空港内のJALサクララウンジです。顔認証技術の試験導入期間中は、搭乗券など提示せずラウンジに入室できます。顔認証でラウンジに入室する場合、顔情報やJALマイレージバンク(JMB)会員番号の事前登録が必要です。

この取り組みの一環として、霧島市、霧島市観光協会と連携し、周遊型観光を推進する顔認証デジタルスタンプラリーも実施します。霧島市内の観光案内所など5カ所に設置したタブレットで顔認証すると、スタンプが集まる仕組みです。

設置場所は霧島温泉観光案内所、霧島神話の里公園、霧島市観光案内所、日当山西郷どん村観光案内所、鹿児島空港 1階JALカウンターで、カウンターにはスタンプの数によって変化するオリジナルフレームで記念撮影が楽しめるディスプレイも設置されます。

期日: 2021/03/24 〜 2021/04/21
この記事に関連するニュース
メニューを開く