JAL、世界の衛生安全基準で最高評価 スカイトラックスとAPEXで | FlyTeam ニュース

JAL、世界の衛生安全基準で最高評価 スカイトラックスとAPEXで

ニュース画像 1枚目:JAL、SKYTRAX・APEXのコロナ衛生安全基準 両方とも「最高ランク」
JAL、SKYTRAX・APEXのコロナ衛生安全基準 両方とも「最高ランク」

日本航空(JAL)は、イギリスのSKYTRAX(スカイトラックス)社とアメリカの非営利団体APEXによる新型コロナウイルスに関わる衛生安全評価基準で、最高評価を獲得しました。両機関から最高評価を獲得しているのは2021年3月22日(月)時点で、JALとカタール航空のみです。

スカイトラックスによる航空会社の衛生安全評価「COVID-19 Airline Safety Rating」では世界最高水準の「5スター」、APEXの監査では、病院レベルの衛生評価とされる「ダイヤモンド」に認定されています。

JALは感染拡大防止の取り組みとして、空港では抗ウイルス・抗菌コーティングを順次実施、自動手荷物預入機やタッチレスセンサの導入、遠隔操作ロボットの実証実験などを実施しています。また、機内では、客室乗務員が防護服を着用、夜間の消毒に加え、清掃を強化。さらにはPCR検査機関との提携や、旅行中のコロナ陽性で医療費・検査費などを補償サービスの提供が評価されました。

この記事に関連するニュース
メニューを開く