北海道7空港、民営化記念コラボデザインのサッポロビール限定販売

北海道7空港、民営化記念コラボデザインのサッポロビール限定販売

ニュース画像 1枚目:北海道内7空港上下一体運営開始を記念[「サッポロクラシック北海道7空港応援缶」]限定デザイン
北海道内7空港上下一体運営開始を記念[「サッポロクラシック北海道7空港応援缶」]限定デザイン

北海道7空港では完全民営化を祝い、2021年4月7日(水)から記念デザインの「サッポロクラシック北海道7空港応援缶」の販売を開始しました。サッポロビールとコラボしたオリジナルパッケージで、多くの人に7空港を知ってもらいたいという気持ちが込められています。対象空港は、新千歳、旭川、函館、稚内、釧路、函館、帯広、女満別空港です。

外装パッケージには、「Hokkaido Airports みんなで空を、きりひらこう。サッポロビールは北海道内7空港の未来を応援しています。」というメッセージに加え、無限の可能性が広がる「北の空」をイメージしたノースブルー色を基調に、7空港を機体で表現したデザインが採用されています。「みんなで空を、きりひらこう。」は、経営権を引き継いだ北海道エアポートのスローガンです。また缶はホワイトとノースブルーを背景に、各空港の名称がアルファベットで記載されています。

期日: 2021/04/07から
この記事に関連するニュース
メニューを開く