ボーイング、787納入機数1,000機達成 9年6カ月 | FlyTeam ニュース

ボーイング、787納入機数1,000機達成 9年6カ月

ニュース画像 1枚目:787初号機の納入
787初号機の納入

ボーイングは2021年4月22日(木)、ボーイング787型機の納入1,000機を達成した模様です。ボーイングはすでに日本航空(JAL)に機体記号(レジ)「JA881J」を納入、さらに中国南方航空へ2機納入も確認されています。中国南方航空への2機は、リース会社のエア・リース・コーポレーションが2021年4月21日(水)付で発表しています。

1,000機目前の対象3機は、デリバリーフライトの順番では、中国南方航空の787-9「B-20E8」が現地を4月17日(土)に出発。JALの787-9「JA881J」が4月21日(水)、中国南方の787-9「B-20EH」が4月22日(木)にそれぞれ出発しています。

ボーイング787の納入開始は2011年9月25日(日)、ローンチカスタマーの全日空(ANA)に787-8、「JA801A」が引き渡しされました。日本でも大きな話題となり、ANAは国内線に投入し、その胴体には「787」と大きく記されていました。それから9年6カ月での大きな節目達成となります。

これまで製造された787の3機種の機数内訳は、基本系の787-8が375機、長胴型の787-9が564機、さらに胴体延長された787-10が61機です。航空会社の保有機数順では、ANAが74機、ユナイテッド航空が63機、JALが50機、アメリカン航空が45機、海南航空が40機です。

■ボーイング787型 機種別

上位5位の航空会社と保有機数

787-8型機

航空会社 保有機数
ANA 36
カタール航空 30
JAL 29
エア・インディア 27
アメリカン航空 23

787-9型機

航空会社 保有機数
ユナイテッド航空 38
ANA 36
海南航空 30
エティハド航空 30
エア・カナダ 29

787-10型機

航空会社 保有機数
シンガポール航空 15
ユナイテッド航空 13
エティハド航空 9
エバー航空 6
KLMオランダ航空 5
この記事に関連するニュース
メニューを開く