ANA、機内コロナ対策 手を触れずに出られるトイレ導入 | FlyTeam ニュース

ANA、機内コロナ対策 手を触れずに出られるトイレ導入

ニュース画像 1枚目:ドア操作イメージ
ドア操作イメージ

全日空(ANA)とジャムコは2021年4月28日(水)、世界で初めて手を触れずに出られる機内トイレドアを開発したと発表しました。ANAの国内線機材に5月1日(土)から順次、導入します。

新たな機内トイレのドアは、内側のドアロックのノブを大型のものに変更し、ドアの引き手部分にハンドルを追加で装着。これで指先ではなく、ひじ部分や腕などでロックを解除し、ドアハンドルを引いてトイレから出られます。

ジャムコは2020年8月、ANAと共同で「手を触れずに出られるラバトリー(トイレ・洗面所)」の開発を発表し、評価試験中に体験した利用者の意見を取り入れ、トイレ内に使用方法を記したシールを貼付するなど、利用しやすさに配慮した改良が続けられました。

この改良したトイレを搭載する機種は、国内線の中・大型機を中心に導入します。ボーイング787-8型機の11機、787-9型機の2機、777-200型機の8機、計21機が対象です。さらに、その他の機材への導入も検討しています。

ANAはコロナ禍の現在、「ANA Care Promise」として航空機を利用するさまざまなシーンで清潔・衛生的な環境づくりを目指しています。今回のトイレ改良も、利用者の意見を受けてジャムコとの共同開発に取り組み、試験・承認を経て、今回の実用化に至っています。

期日: 2021/05/01から
この記事に関連するニュース
メニューを開く