ANA、737-700完全退役前に歴史と感謝の記念デカール

ANA、737-700完全退役前に歴史と感謝の記念デカール

ニュース画像 1枚目:デカール貼り付けの最終工程。コーティングでデカールの定着を待ちながら確認。見上げながら、整備員はANAでの16年を振り返っていたのかも!?
デカール貼り付けの最終工程。コーティングでデカールの定着を待ちながら確認。見上げながら、整備員はANAでの16年を振り返っていたのかも!?

全日空(ANA)とANAウイングスは2021年5月10日(月)、ボーイング737-700型機の完全退役を前に、機体記号(レジ)「JA05AN」に退役記念デカールを施しました。このデカールを施し、5月11日(火)の羽田発7時30分、ANA1891便の八丈島行きから定期便に投入されます。この日は、羽田発着の高松、鳥取線にも投入される予定です。

「JA05AN」は5月10日(月)の定期便、鳥取発羽田着のANA300便の運航を終え、21時ごろに羽田空港の格納庫に入りました。用意されたデカールを整備員たちが手際良く、機体前方の左右ドア前方・コクピット窓の下部に貼り付けました。

デカールのデザインは、ボーイング737-500型機の退役時に施された花束を踏襲し、感謝を表す花々が機体を包むように描かれています。中央部分には金色のリボンが花束を纏めており、737-700が就航した際に特別塗装機として運航された「JA01AN」と「JA02AN」のゴールドジェットを意識したものです。ANAブルーの縁取りには、最初に受領した「JA01AN」の2005年11月から、完全退役となる2021年6月までの期間を年号で記しています。

ニュース画像 1枚目:6月19日(土)には中部国際空港を発着する退役記念チャーター便を運航
6月19日(土)には中部国際空港を発着する退役記念チャーター便を運航

金色のリボンが現すゴールドジェットは、「JA01AN」が2020年12月に退役。この機体はすでに、アメリカ・アリゾナ州のツーソン国際空港にフェリーされています。「JA02AN」は、5月8日(土)の宮崎発羽田着のANA614便をもって定期便の運航ラインから外れ、退役整備作業に着手しています。

ANAグループの737-700は5月11日(火)現在、「JA05AN」「JA06AN」の2機のみ。「JA06AN」には5月12日(水)夜間に「JA05AN」と同じデザインのデカールが貼り付けされ、5月13日(木)から定期便で運航します。

■ANA 「JA05AN」5月11日(火)運航予定
ANA1891便 羽田発 7:30
ANA1892便 八丈島発 9:00
ANA535便 羽田発 11:25
ANA536便 高松発 13:35
ANA535便 羽田発 16:40
ANA536便 鳥取発 18:40
この記事に関連するニュース
メニューを開く