政府専用機、明日・羽田からイギリスへ出発 首相G7サミット出席

政府専用機、明日・羽田からイギリスへ出発 首相G7サミット出席

ニュース画像 1枚目:政府専用機 イメージ (YouKeyさん撮影)
政府専用機 イメージ (YouKeyさん撮影)

航空自衛隊特別航空輸送隊は2021年6月10日(木)から6月14日(月)まで、政府専用機を羽田/イギリス・コーンウォール間で運航します。輸送隊が所在する千歳基地から6月8日(火)に「80-1111」、6月9日(水)には「80-1112」がそれぞれ羽田空港に到着し、任務に備えています。

この政府専用機の運航は、菅首相のG7コーンウォール・サミット出席に伴うイギリス訪問の要人輸送任務です。羽田/コーンウォール間の往復は直線距離で19,744キロメートル(km)で、要人搭乗による政府専用機の運航は2021年4月、菅首相のアメリカ訪問以来です。777政府専用機として、今回が12回目の任務運航で、これまで累計の任務運航の距離は184,469kmになります。

運航日程は、6月10日(木)に羽田を出発、イギリス・コーンウォールに到着。現地に滞在し、コーンウォールの出発は6月13日(日)で、羽田空港には6月14日(月)に到着します。政府専用機のうち「80-1111」はこの任務に備え、5月31日(月)から6月2日(水)にかけて国外運航訓練を実施。コーンウォール空港付近で、「80-1111」が確認されています。

菅首相はG7サミットで、新型コロナ対策・国際保健、世界経済・自由貿易、気候変動、地域情勢などについて、各国と議論をかわす予定です。G7サミットが対面で開催されるのは2年ぶり。この機会を捉え、菅首相は議長国イギリスのジョンソン首相、アメリカのバイデン大統領などとも会談する模様です。

■政府専用機 運航予定
6月10日(木) 羽田発 -> イギリス・コーンウォール着
6月13日(日) イギリス・コーンウォール発
6月14日(月) 羽田着
期日: 2021/06/10 〜 2021/06/14
この記事に関連するニュース
メニューを開く