ブルーインパルス、入間基地に展開 オリンピック開会式前の展示飛行で

ブルーインパルス、入間基地に展開 オリンピック開会式前の展示飛行で

ニュース画像 1枚目:ブルーインパルス 展示飛行 イメージ (Mark-5さん撮影)
ブルーインパルス 展示飛行 イメージ (Mark-5さん撮影)

航空自衛隊の第4航空団第11飛行隊「ブルーインパルス」は2021年7月19日(月)、「東京2020オリンピック」開会式前の展示飛行のため、松島基地から入間基地へ展開しました。第11飛行隊のT-4、12機が移動し、開会式前の展示飛行に備えます。

ブルーインパルスは通常6機編隊で展示飛行を実施。予備機にブルーインパルス塗装、またはグレー塗装の機体を保有しています。今回は、オリンピック開幕に合わせた展示飛行で万全の体制で臨むため、ブルーインパルス仕様の塗装機10機、グレー塗装のT-4が2機、計12機の体制を組んでいます。この機体全てが入間基地に到着しました。ブルーインパルスの移動を支援する輸送機には、C-2が使用され、これも松島から入間基地へと飛行しました。

今後、7月22日(木)まで入間基地から離陸し、事前訓練を実施する予定です。コロナ禍を考慮し、現段階では本番を含めて正確な時間は発表されていません。当日の航路は、東京23区を中心に各地を周遊する航路が発表されており、東京都庁は2度、通過する予定です。

■入間基地に展開したブルーインパルス
06-5787
06-5790
16-5663
16-5666
26-5686
26-5690
26-5692
36-5693
36-5694
36-5697
06-5784 (ノーマル塗装)
56-5734 (ノーマル塗装)
この記事に関連するニュース
メニューを開く