デルタ航空、セントレアでA350-900搭載のシート展示

デルタ航空、セントレアでA350-900搭載のシート展示

ニュース画像 1枚目:セントレアに設置されたシート
セントレアに設置されたシート

デルタ航空は2021年10月30日(土)から11月28日(日)まで、中部国際空港(セントレア)の出発ロビーに、エアバスA350-900型の1/50サイズの大型モデルプレーンとともにシート展示を開始しました。

デルタ航空は10月2日(土)から、名古屋(セントレア)/デトロイト線の機材をA350-900に変更しています。この機種はデルタ航空のフラッグシップ機で、個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」、プレミアムエコノミーの「デルタ・プレミアムセレクト」、エコノミークラス「デルタ・コンフォートプラス」、エコノミークラス「メインキャビン」の4つの座席タイプを搭載。展示は、名古屋路線の使用機材になかった「デルタ・ワン スイート」と「デルタ・プレミアムセレクト」のシートを展示しています。

また、新型コロナウイルス感染症から海外旅行の再開に向け、安全衛生基準「デルタ・ケアスタンダード」の取り組み、愛知県とアメリカの関係を紹介するパネルも設置されています。

期日: 2021/10/30 〜 2021/11/28
この記事に関連するニュース
メニューを開く