ハワイ感じるウェディング、ANAのA380「フライングホヌ」で3月開催

ハワイ感じるウェディング、ANAのA380「フライングホヌ」で3月開催

ニュース画像 1枚目:ウェディングで使用するA380「フライングホヌ」
ウェディングで使用するA380「フライングホヌ」

全日本空輸(ANA)は、2022年3月6日(日)と3月12日(土)に世界最大の旅客機エアバスA380型「FLYING HONU(フライングホヌ)」を使用した初めての貸切ウェディングセレモニーを開催します。フライングホヌはハワイ線に使用される機材ですが、現地に訪れることが難しい環境の中、新郎新婦が少しでもハワイを感じられる挙式としてハセガワエスティと協力し、プライベートウェディングを実施します。

2階建てA380の機内は、挙式・披露宴では1階のエコノミークラスをウェルカムタイムに使い、2階のファーストクラスを写真撮影スペース、 ビジネスクラスは披露宴、プレミアムエコノミーは挙式スペースになる予定です。

ニュース画像 1枚目:羽田で開催された機内ウェディング
羽田で開催された機内ウェディング

挙式のみ、挙式と披露宴セットの2種類のプランから選択できます。挙式では客室乗務員による機内アナウンス風の祝福メッセージ、披露宴ではビジネスクラスのシートで、ANAシェフ、客室乗務員、機内食開発担当者が厳選した「特別コース」の提供、オリジナルのウェディングケーキを用意し、ANAらしい演出で、海外旅行の雰囲気を楽しめる空間を作り出します。

価格は、30名参加の想定で、挙式のみ250万円、挙式と披露宴のセット500万円です。実施する最大人数は54名で、30名から増える場合は追加料金が発生します。申し込みは2021年12月23日(木)から2022年1月10日(月)まで、ハセガワエスティ専用サイトで受け付けています。

ニュース画像 2枚目:フライングホヌとの挙式イメージ
フライングホヌとの挙式イメージ

なお、ANAはフライングホヌのウェディングで、ANAならではの企画があったらいいものの提案を広く募集。12月23日(木)17時30分から24時間限定で、Instagramのストーリーズ機能を使い、提案を受け付けています。実現性を検討、新郎新婦の希望を受けて、企画の採用を決定する予定です。

ニュース画像 3枚目:ウェディングで使用するA380「フライングホヌ」
ウェディングで使用するA380「フライングホヌ」

ANAは2021年5〜6月に羽田空港でボーイング777型を使用し、計7組の機内ウェディングを実施しました。この企画が好評だったことから、今回はフライングホヌの1・2階を使い、挙式と披露宴を開催します。

この記事に関連するニュース
メニューを開く