航空自衛隊、コープノース2013グアムにF-2A 8機、F-15J 6機など派遣 | FlyTeam ニュース

航空自衛隊、コープノース2013グアムにF-2A 8機、F-15J 6機など派遣

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

航空自衛隊は2013年2月4日から15日まで、グアムのアンダーセン空軍基地で開催される日米豪共同訓練「コープノース2013」の参加部隊を1月8日付けで発表しました。

参加部隊は三沢基地の第3航空団と警戒航空隊、那覇基地の第83航空隊、小牧基地の第1輸送航空隊で、参加航空機はF-2Aが8機、F-15Jが6機、E-2Cが3機、C-130Hが2機、KC-767が2機、参加人員は432名です。

訓練内容は、防空戦闘訓練、戦闘機戦闘訓練、空対地射爆撃訓練、電子戦訓練、人道支援・災害救援訓練、戦術空輸訓練及び空中給油訓練で、今回空自は日米豪の人道支援・災害救援訓練に初めて参加します。

なお、訓練期間をアメリカ軍発表では2013年2月4日から2月15日までとしていますが、空自発表では1月14日から2月27日までとしています。部隊の移動等も含んでのものと思われます。

期日: 2013/01/14 〜 2013/02/27
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加